免费提供五十音图入门学习资料、日语能力考试真题,在线学日语听力、日语口语、日语词汇、日语语法。

「变得精神」「收获恋爱」巧克力效果的科学依据

发布:木子小花日语培训 2020-11-22 分类: 100句常用日语(带中文)

「元気になる」「恋ができる」チョコレート効果の科学的な根拠

疲れた時、イライラした時、何か甘いモノが欲しくなりませんか? そんな時、チョコレートなどいいですよね。チョコレートが口一杯に広がると、何だか幸せな気分になります。実はこれには科学的な根拠があるのです。ここではチョコレートの秘密についてお話したいと思います。

「变得精神」「收获恋爱」巧克力效果的科学依据

疲劳的时候,烦躁的时候,不想吃点甜的东西吗?那样的时候,来块巧克力是很好的选择吧。当巧克力融化在嘴里的时候,总觉得会有种幸福的心情。其实这是有科学依据的。现在我们来说说巧克力的秘密吧。

■チョコレートは脳内のセロトニンを増やす!

推荐日语学习资料:日语能力测试一级词汇讲解与练习(1)

亜「あ」 あの国は亜熱帯気候だ。亜細亜と書いてアジアと読む。 哀「あい・あわ(れる)」助命を哀願する。傷ついた小鳥を哀れむ。哀れが姿。 挨「あい」挨拶を行く。挨拶状を書く。 垢「あか」垢を落とす。水垢がたまる。 握「あく・握(る)」卒業の時、先生と握手した。握力を測る。 憧「あこ(がれる)」都会の生活に憧れている。 扱「あつか(う)」あの店で

 チョコレートには、必須アミノ酸のトリプトファンが含まれています。トリプトファンにはいろいろな役目がありますが、その1つは、トリプトファンが血液中から脳内に入り、神経伝達物質のセロトニンの原料になることです。セロトニンには気分を調節する働きがあるので、脳内のセロトニンが不足すると、気分が落ちこんだり、イライラしやすくなります。

 トリプトファンが血液中から脳内に入ると、他のアミノ酸と一種の競争が起きます。血液中にトリプトファン以外のアミノ酸が豊富にあると、トリプトファンはあまり脳内に入れないのですが、チョコレートを食べると、チョコに含まれる糖分で血糖値は上昇し、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンにはトリプトファン以外のアミノ酸を血液中から筋肉へ追い出す作用があるので、競争相手が少なくなったトリプトファンは脳内に入りやすくなるのです。その結果、脳内のセロトニンの量は増加します。

 以上が、チョコを口にすると、落ち込んだ気分が軽くなったり、イライラした気持ちが落ち着きやすくなるメカニズムです。

■巧克力会增加脑内的血清素!

巧克力中包含身体必需的氨基酸中的色氨酸。色氨酸有着各种各样的作用,其中一个,色氨酸会通过血液进入脑中,成为脑内神经传输物质的血清素原料。血清素有着调节心情的作用,所以如果脑内血清素不足的话,心情会容易低落并且容易烦躁。

色氨酸通过血液进入脑内的话,将会和其他的氨基酸产生一种竞争。血液中除了色氨酸以外还有丰富的氨基酸,色氨酸几乎没办法进入大脑中,吃了巧克力之后,巧克力中所富含的糖分让血糖值上升,促进胰脏分泌胰岛素。胰岛素有帮助将色氨酸意外的氨基酸从血液中赶到肌肉的作用,竞争对手少了色氨酸会容易进入脑内。结果就能让脑内血清素的量增加。

以上就是吃巧克力能轻易缓解失落心情,安抚焦躁情绪的机制。

■チョコレートを口にすると恋の気分になれる!?

 チョコレートにはフェニルエチルアミンと呼ばれる物質が含まれています。このフェニルエチルアミンは別名、LOVEMOLECULE(日本語訳は恋愛物質?)と呼ばれていて、恋愛中に脳内に分泌されやすい物質なのです。恋愛中、相手と目があったり、手に触れただけでドキドキすることがありますが、その時、脳内ではこの恋愛物質が分泌されています。

 また、フェニルエチルアミンはエンドルフィンと呼ばれる物質を脳内で分泌させます。エンドルフィンは麻薬のモルヒネに似た構造を持つ脳内麻薬で、快感をもたらします。

 ところで、チョコレートはペット、特に犬には良くありません。チョコレートにはカフェインに似たテオブロミンという物質も含まれているのですが、犬は人間と異なり、この物質を代謝する酵素が不足していて、体の外に効率的に排出できないのです。その為、チョコを大量に食べると、テオブロミンの毒性が強く現れてしまい、心停止が起きることがあります。もしも、愛犬がチョコレートを食べてしまったら、すぐに、動物病院に連れて行きましょう。

 なお、今まで述べてきたチョコレートの良い作用は、量が少量の間だけです。チョコレートをたくさん食べてしまうと、血液中の糖分の量が大きく変動してしまい、かえって気分が落ち込みやすくなりますので、ご注意ください。

■吃巧克力会有恋爱般的甜蜜气氛!?

巧克力中有一种被称作苯乙基胺内啡肽的物质。这种苯乙基胺内啡肽的别名也叫做LOVEMOLECULE(日本翻译过来叫恋爱物质?),恋爱的时候脑内极容易分泌的一种物质。恋爱时,和对方凝眸相望或者不小心碰到手都会有小鹿乱撞的感觉,那个时候,脑内就在分泌恋爱物质。

另外,苯乙基胺内啡肽会让大脑分泌一种叫做脑内啡的物质。脑内啡是和毒品吗啡有相似结构的“脑内毒品”,可以带来快感。

但是巧克力对宠物特别是狗狗是非常有害的。巧克力中也包含着和咖啡因相似的可可碱成分,狗狗和人类不同,他们体内没有足够代谢这种物质的酵素,没有办法有效率的将物质排放到身外。所以如果大量的食用巧克力,可可碱的毒性就会非常强烈,会让心跳停止。如果爱犬吃了巧克力的话,请马上带他去宠物医院吧。

另外,到现在为止都叙述了关于巧克力好的方面,但这只针对少量的情况。如果大量食用巧克力的话,血液中的糖分会发生大量的改变,反而更容易情绪低落,请大家多注意。

相关文章

温馨提示如有转载或引用以上内容之必要,敬请将本文链接作为出处标注,谢谢合作!

欢迎使用手机扫描访问本站